レポ:3/13(火)神田The Shojimaru

ハンサム判治から連絡をもらった。
ウクレレのイベントをやりたいと。
開催日が平日なのでちょっと考えたけど
すぐにOKと引き受けた。

池袋の小屋の予定だったんだけど
二月になり急に閉店になったと!
「すんません、でも別会場で必ず開催します!」
って連絡が来た。

しばらくたって
神田のTHE SHOJIMARUに決まりましたと
連絡が来た。
良かった良かった。

THE SHOJIMARUは
タイマーズのドラマーである章二丸氏のお店だ。
ライブハウスだ。
壁の黒いバリバリのロックな小屋w。
久しぶりだなぁこの感じw。

出演はまず
香取さとり。
フェンダーのソリッドウクレレを
弾きながら歌うスタイル。
なかなか刺さる歌詞が印象的。
「暗い歌ばかりで」と言っていたけど
人前でウクレレ弾いて
歌ってるって事自体がポジティブ。
クールな感じがカッコよかった。

続いてまいたけ。
実は初共演。
インストでスタンダードナンバーや
面白楽しい曲を
スピード感あるストラムでジャカジャカやる。
今回の出演者の中では
唯一ウクレレらしいアプローチだったかもw。
飄々としたMCやステージングが
彼の奏でる音楽に妙にマッチしていて楽しめた。

三番目はわかないづみ。
弾き語りスタイル。
ウクレレをポロンと弾いて歌うその声は
吸い込まれそうでとても魅力的。
MCから始まったんだけど
「天然ちゃんかな」と思ったw。
なんともふわ~んとしたその存在が
ウクレレにもマッチ。

そして僕。
初めて一緒にやる人たちだし
きっと初めてのお客さんもいるだろうから
こんな時はセットリストをより慎重に考える。
でもまぁ始まっちゃえば
結局いつもと一緒。
考えて考えて考えた挙句
いつも通りな鉄板セトリになったw。
いやはや面白かった。

そして最後はハンサム判治大介。
声がデカイ歌うたい。
体もデカくて言ってることもデカイ。
だけどそこに嘘が感じられない。
つまり歌にも判治そのものが現れてる。
シンプルな歌詞を繰り返し歌うスタイルは
難しいことは言ってなくて
ストレートに心に届く。
不思議なヤツ。
声はデカイけどそれはステージの上だけなのが
よく分かった。

ウクレレのイベントは全国にたくさんあるけど
今回のような組み合わせはなかなか無かった。
そういう意味でもとても楽しかった。
何よりこの日のウクレレには自由があった。

セットリスト
1。ルパン三世のテーマ’78TVver.
2。かえるの合唱
3。魂の降る夜
4。ピスタチオ
5。カノン

判治、声をかけてくれてありがとう。
まだまだ面白いな、この世界。