レポ:7/29(土)ウクレレピクニック横浜

毎年夏に横浜赤レンガがハワイになるイベント。
それがウクピク横浜。
今年は7/29~30の二日間行なわれました。
僕は29日の出演。

この日も「暑いね~」「熱いね~」が
合い言葉のような天気。

お昼頃に会場に到着。
あちこち歩いていると
旅先でしか会えない方々に会えるのも
ウクピク横浜のひとつの楽しみ方です。

もちろんハワイアンフードやドリンク、
グッズの数々も!
みなさん思い思いのスタイルで
のんびり過ごしたり、
いろんなブースを歩き回ったりして
過ごしています。

15時前。
まずはメインステージの真正面にある
『レアレアステージ』に出ます。
ここを取り仕切っているのは
キワヤ商会の安田さん。

朝から入れ替わり立ち替わり
いろんなアーティストをはじめ
パフォーマーが小さなテントを盛り上げます。

そのレアレアステージで
今年、キワヤさんでやった
ウクレレ・ハード・WSの課題曲
『残酷な天使のテーゼ』の発表会をやりました。
総勢10数名ほどのエヴァは圧巻だったと思います。
テンポも頑張って上げてきましたし!
勝誠二とエヴァンゲリオンズ、
頑張りました!

引き続き僕のプチWSです。
課題曲はウクマガ17号のうた本のコーナーより
「夏の思い出」。
ちょっとしたコツでひとつのウクレレが
いろんなトーンで鳴りだします。

そして昨年も好評だった
ウクマガ17号の「うた本を歌う」がスタート。
連動動画撮影秘話やちょっとしたテクニックを
解説しながらワイワイと歌います。
最後は僕の新譜『Do you?』からも1曲。

レアレアステージ
1。残酷な天使のテーゼ
2。WS「夏の思い出」
3。飾りじゃないのよ涙は
4。Englishman In New York
5。ジョニーBグッド~R’nRメドレー
6。あの時君は若かった
7。波乗りジョニー
8。Get Wild
9。どんぐりころころ

キワヤさんのブースでもやらせていただきました。
いわゆるステージではなく
突然ブースでやるのも楽しいのです。
フラの方にも踊っていただいたりして、
みなさんにも楽しんでいただけたと思います。

キワヤ商会ブース
1。ルパン三世のテーマ’78
2。残酷な天使のテーゼ
3。月の夜は
4。エピリマイ

セイレンブースでもちょこっとやったな。
elliさんが歌っているところに
参加させてもらいました。

・お熱いのがお好き
・南の島のココナッツ

そうこうするうちになんとなく
雲行きが怪しくなってきました。
ついに降り出し、僕らプロの部の前で
なんと中止が決定!

こればっかりはPA機材のこともあるので
「やむなし!」というところではあるのですが、
それでは気持ちがおさまらない!

今回の勝誠二はベーシストと
ふたりでのステージを考えていたから。
今までと違う勝誠二を観てもらいたかったから。
雨の中、テント裏でリハをやりだしたら
中止の連絡。。。。

何としてもやりたかった。
お客さんが誰もいなくなってもやりたかった。
そこで思いついたのが「レアレアステージ」。
安田さんに相談したら、
「他の皆さんもやりたいと言ってきています」と!
ただ「最後のフラチームが終わったら電源は落とされます」と。

メインステージでは最後のフラチームが踊っています。
おそらく長くてもあと10分ほどで終わることは
想像に難しくありません。

レアレアステージに出るのは
Kazuki&Naoto
ninja beats
ハンサム判治
勝誠二

これはとても出られない。
またしてもチャンスを逃すのか!
雨の中、そんなことを思っていた時、
本部から許可が出た。
「レアレアが終わるまで待ちます」と。

Kazuki&Naotoがハワイの風を吹かせ、
ninja beatsはフルメンバーで盛り上げ、
僕はベースの裕太郎と一緒に
新しい勝のステージングができ、
ハンサム判治は地声でかました。

レアレアメインステージ
1。ルパン三世のテーマ’78
2。かえるの合唱
3。急げ!サイダーポップ

目の前には傘をさした2~30人のみなさんが。
誰もいなくてもやるつもりだったけど
こんなにいてくれてホント嬉しかった。
そしてなによりやれて嬉しかった。

雨の中、イレギュラーだったけど
やることを拒まなかった安田さん、
ありがとうございました。
そして最高の判断をしてくれた
主催のデビットさんにも感謝です。

みんなの力が集中した最高のウクピク横浜でした。
また来年もよろしく!!
マハロ!!