レポup!!:7/2~3(木金)ekn東北被災地交流活動

今年も行ってきました。
神戸市の「しあわせの村」が毎年行っている
東北被災地交流活動です。

eknは大層なことはしていません。
そこに行ってウクレレ弾いて
歌って笑って帰ってくるだけです。

このツアーに声をかけていただいてから
今年で3回目です。
行き先は、若林区新井小学校用地仮設住宅と
東六郷小学校の2カ所です。

7/2(木)
新幹線に乗り仙台に向かいます。
仙台に向かう途中駅に福島があります。
やっぱりドキドキします。

仙台に到着するのはお昼なので
何はなくとも牛タンです。
そのあとはずんだ餅。
はやくも満喫ですw。

仙台駅でしあわせの村のみなさんと合流。
今年もドレミちゃんと一緒です。
車は一路仮設住宅へ向かいます。

仮設にある集会所では音響スタッフが
すでにセッティングをすませて僕らを待っています。
神戸のエスケール三澤さんとPAの堀部さんです。
安心して任せられるスタッフなので
とても心強いです。

そうそう、エスケールには
『南の島のココナッツ』というココナッツケーキがあります。
この売り上げの一部は、被災地交流活動に使われます。
通販もあるのでぜひ!
URLは下にあるよ。

会場にはいくつもパイプイスが並べられており、
徐々にいつものおじちゃんやおばちゃんが集まってきます。
3回目ともなると「帰って来たよ」感が強くなります。
親戚のおじちゃんおばちゃんちに来た、あの感じです
「元気だった?」と聞くとあたりまえと言わんばかりに
踊りだしたりしますw。
そしてみんなで笑います。

ミズノからは、座ったままでできる
ストレッチの指導があったり、
食事の大切さを教えてくれる駿河先生のお話を聞いたり
木工細工をみんなでやったりします。

ドレミちゃんがタップを踏んだり、
風船を使っていろんなものを作ったりすると
会場がわぁ~っと賑やかになります。

そんな中でeknも歌いました。
1。Mary had a little lamb
自己紹介がてらね。

2。与作
のりぃが歌います。
クラベスとビブラスラップを
この日のために購入w。

3。ふるさと
エリさんが歌います。
大合唱になったよ。
うれしかったな。

4。ダイアナ
僕が歌います。
地獄の底までついていきますw。

5。川の流れのように
エリさんが美空ひばりになってました。
ちょっと似てたな。

6。南の島のココナッツ
前回はできなかったのでねw。

レッスンコーナーもやりました。
G7はやっぱ難しかったねw。
ごめんね~~。

この仮設は来年5月に解体されます。
行くところがある人はいいけど、
ここにしかいられない人もいるので
仙台市としては「完全撤去ではない」とのことでした。
でも寂しくなりますね。
集会所はなくなるそうです。

仮設を後に、福祉関係のジェラート屋さんへ向かいます。
みんなで美味しいジェラートをいただきます。
ドレミちゃんが、他のお客さんのために風船で
またまたいろんな物を作ってプレゼントしてました。
毎年来ているこのお店ではドレミちゃんはアイドルですw。

この日は音楽チームで反省会、
という名の夕食です。
またまたくだらない話で盛り上がりました。

7/3(金)
朝から東六郷小学校へ向かいます。
新入生ちゃんが1名増えて19名でした。

昨年は20数名いましたが卒業する子もいるので
ことしは19名でした。

去年はまだ小ちゃかった子が
背もグンと伸びていたりして、
1年てすごいんだなと感じます。

ドレミちゃんのショーを観ながら
キラキラの笑顔で手を叩いている
新入生ちゃんが印象的でした。

ここでも木工細工や紙鉄砲などやって楽しく過ごします。
ひさしぶりに紙鉄砲作ったけど
楽しいね、これw。

eknは昨日とセトリを変えます。
1。おへそのきもち
しあわせの村で撮ったyouTubeが
またいいんだな~~。
https://www.youtube.com/watch?v=c5j-g8SYW8M

2。与作
昨日やったら思いの外、楽しかったのでw。
せっかくビブラスラップも買ったしね。

3。ぼくの虹
これは先生方に聴いてほしかったから。

4。南の島のココナッツ
みんな知っててくれてるみたいで
うれしかったぞ!
らるら~~。

そしてレッスンコーナー。
CチームとG7チームに別れてやりました。
G7チームが結構頑張ったね。

東六郷小学校は水没してしまって使えないので
生徒は東六郷中学に間借りしているんです。
新しく入ってくる生徒はいなくなるので
年々生徒数は減っていきます。

来年度で廃校が決まっています。

もう誰も校歌を歌う人がいなくなります。

その前にもう1回みんなに会うチャンスがあるので
その時はeknで校歌を歌おうと決めました。
スペシャルなライブになるといいね。

ドレミちゃんを見る新入生の
キラキラの笑顔が忘れられません。

eknはここで東京に戻りますが、
しあわせの村一座は、この後も被災地を巡ります。

支援は続けることが大切です。
どんな形であれ、現地に行ってみんなの顔を見て
「元気だった?」と笑いあうことが大切です。

仙台駅周辺の街は完全に復活しています。
ですが津波が来た地域や
そこから避難して来た人たちにとっては
まだまだ問題山積みです。

僕らが行っているのは
その中のほんの僅かな地域ですが、
続けていこうと思います。

eknは大層なことはしませんでした。
そこに行ってウクレレ弾いて
歌って笑って帰ってきただけ。

神戸エスケール
http://yakitate-pan.com/

しあわせの村
http://www.shiawasenomura.org/