レポup!!:5/30(土)~6/1(月)JazzoomKatz@九州ツアー

ハワイから戻ったその週末から
九州ツアーが始まります。

————–
5/30(土)鹿児島バジーナ

鹿児島へ向かうため
早朝に羽田空港待ち合わせです。
誰とってJazzoomCafeうっちーと
今回の企画者S氏の計3人旅なんです。
珍道中が予想されますw。

実は九州に出発する前に口永良部島が噴火しました。
全島民が避難を余儀なくされたほど
大きな噴火だったのですが、
幸いにも島民は全員無事、
飛行機も無事飛びました。
良かった良かった。

東京を発つ時は晴れていた空でしたが、
鹿児島の予報は曇りのち雨。
晴れ男の異名を持つ僕なので
まぁ曇りくらいですむだろうと
思っていました。

街に到着すると
雨が降り出します。

だんだん雨脚が強くなってきます。

ありゃりゃ、どしゃ=========っと降り始めました。

実はこの雨、とても良かったんです。
もし晴れていたら火山灰が舞い上がって
目はしばしば、マスクは必須、
体中灰だらけということになっちゃうからです。
ここで暮らす人たちは、
こういった自然と共に暮らしているんですね。
口々に「今日は雨で良かった」と申しておりました。

会場は住宅街にあるイタ飯屋バジーナ。
白を基調にしたとても素敵なお店です。

開場すると、
麗しいレディー達が続々とやってきます。
男性客は3名くらいw。
さすずめ秘密の花園ライブです。

まずはこの日のためにハワイから駆けつけてくれた
ウクレレ☆エルヴィスさんです。
登場と共に歓声が上がります。
鹿児島のみなさんは熱いです!
腰を振り乱しながらの熱唱熱演の
エルヴィスさんに大喜び。
鹿児島初上陸のエルヴィスさんもノリノリでした。

3曲ほど歌い、後ろ髪を引かれながら
足早に帰国しました。
本当に残念そうな後ろ姿が
今でも忘れられませんw。

続いてうっちー。
これまた登場と共に会場が沸きます。
そしてライブの流れがとてもいいです。
緩急の付け方がうまくなっています!
超高速ピッキングのスピードも
相変わらずスゴいw。

そして僕。
1。小さな竹の橋
ニューアルバムからスタート。

2。ルパン三世のテーマ’78
これやっときませんとね。
鹿児島初上陸ですから。

3。パラピリプルペレポロペロパロリン
うひひ、楽しいね。

4。いとしのエリー
しっぽり聴いていただきます。

5。ピスタチオ
忙しいほど大盛り上がりです。

6。カノン
歓声が上がります。

アンコール
ノホ・パイパイ(w / JazzoomCafe)

ライブが終わるとそのままみなさんと打ち上げです。
サラダから始まりパスタやピザが次々サーブされます。
僕とうっちーはあちこち席を移り変わり
いろんな話をみなさんとしました。

いや~~初の鹿児島でしたけど
大成功だったと思います。
集まってくれたみなさん、ありがとう!

—————–
5/31(日)福岡ジャムズウクレレ

九州新幹線で鹿児島から福岡へ向かいます。
九州新幹線ってすごいのね。
中のデザインが。
オシャレです。
やるな~~~九州新幹線。

今回の九州ツアーの中で
もっとも特別なスペシャル企画!
それが!

対決!JazzoomKatz!!!

今まで対決と銘打って
うっちーとライブをやってきましたが、
それと比べたら、今回はマジの対決です。
つまりお題をいただいて曲を決めて行くという
ガチ対決なんです。
どんなお題が来るか分からないw。

ジャムズの扇さんもノリノリで
実況席を設けるという入れ込みようw。
ゴングだって鳴らします。

お客さんも50名超え!!
ジャムズに50名以上です。

マジ対決なので
やった曲目はここでは控えますが、
お題をいただき1曲ずつ演奏するスタイルは
お客さんも大喜び。
やっている自分たちも面白くてたまりません。

うっちーの噛み付き具合に
感動すら覚えました。

この時の様子を参加してくれた方が
facebookにレポしてくれていますので
ぜひご覧ください。
6/10の記事です。
https://www.facebook.com/koichiro.ougi?fref=ts

ライブ後は対決会場が打ち上げ会場になります。
ライブを観にきてくれたおかはちさんをはじめ、
面白キャラのみなさんが笑い喋り歌います。

オープンマイクもあります。
僕も2曲くらいやったな。
そしてうっちーのくだらないモノマネも飛び出す阿鼻叫喚。

みなさんが帰った後、
まだ飲み続ける我々。
座ることを忘れ、いろんな話をしました。
立ったまま1時間くらいねw。

ありがとう!
福岡!
また来るね!

—————-
6/1(月)長崎ハウステンボス

赤坂バードランドの太田先生率いる
バーズがハワイアンを紹介する番組の
800回を記念してハウステンボスで収録です。

ありがたいことにゲストとして
僕とうっちーを招いてくださいました。
ハウステンボスはとても広くて
天気も素晴らしく最高のロケーションです。

緑の芝生、青く晴れ渡る空、
木陰、お城のようなパレス。
バラの季節でもあるので
ほのかにバラの香りも~~~w。

日本中からフラのみなさんが集まり
次々に踊ります。
もちろんバーズの演奏もあります。

ワイプナのみなさんもゲストだし、
ナタリーの歌声は本当に素晴らしいし、
パリも来ていました。
そんな中に混ぜてもらえて光栄なことです。

ハワイで会った神戸のフラのみなさんとも再会出来て
ゆったりとまったりと過ごせました。

うっちーが新解釈のアカカフォールズを演奏し、
僕はエ・ピリ・マイを歌いました。
そしてふたりでノホ・パイパイを歌うと
太田先生親子によるフラの登場です。

出番はほんの僅かでしたが、
歌い終わった後、
「あの日本語訳は誰のバージョンなの?」と
あちこちから質問され、
「僕が訳しました」というと
「素敵だったわ~~~~」とありがたいお言葉。

放送は8月って言ってたかなw。
分かり次第情報アップしますね。

さて収録が終わると僕らは帰らなければなりません。
電車で空港まで行くより
船で飛ばした方が早いということが分かり
最終の船で一路空港へ!

空港で美味しいものいっぱいいただきました!
大満足大満足!

ハウステンボスの現場を仕切ってくれた上田さん
本当にありがとうございました!

————–
3日間の九州ツアーでしたが
1週間くらいに感じる充実の内容でした!

このツアーを企画してくれたS氏、
いつも本当にありがとう!
そして鹿児島、福岡、長崎のみなさん
お世話になりました!
また行くからね!